企業行動憲章

宮城マリンサービス株式会社(以下当社)は、1977年7月、それまで3社で行われていた曳船業務を、運航の効率化・お客様へのサービス向上を目指し一元化するかたちで設立された。以来、幾多の困難を乗り越え、健全なる発展を重ねてきた。

当社は、「みなと」の安全・安心を守る港湾サービス業者として、事業を運営するにあたり、安全かつ高品質なサービスの提供に邁進するとともに、市民社会の一員として関連する法令を遵守し、社会的良識を持って行動することにより、社会の発展に貢献しうるとの認識のもとに、ここに「企業行動憲章」を定める。

  1. 社会的使命
    当社は曳船事業者としての意識を高く持ち、安全に対する意識を育む「安全文化」を掲げ、その事業に課せられた使命として「安全」且つ「高品質」な港湾サービスの提供をその使命とする。
  2. 公正な企業運営と地域社会との共生
    顧客の要望に応えるべく常に努力し、その期待と信頼に応え、公正な企業運営を通して社会からの信用を得るとともに、公正な利潤を確保し、地域社会との共生を図る。
  3. 安全運航と環境保全
    曳船の「安全な運航」と「環境の保全」は最重要課題であり、安全運航の充実・強化を図るとともに、グリーン経営を取得し、海洋汚染の防止及び地球環境の保全に努める。
  4. 法令の遵守
    「企業は市民社会の一員」と考え、事業に関わるあらゆる法令を遵守し、社会的良識をもった行動をとると共に、社員一人一人にも指導する。
  5. 良好な職場環境の保全
    従業員の人格・個性を尊重し、安全で働きやすい職場環境の保全に努めると共に、災害に備え危機管理能力の高度化を図るための環境を整える。
  6. 反社会的勢力の排除
    社会活動を行うにあたり、秩序や安全に脅威を与える一切の反社会的勢力および関連する団体との関係は、断固として排除する。

2015年7月1日 制定

ページの先頭へ